お顔の歪みに影響されてしまう脳神経

前回、頭蓋骨には脳神経や血管を通す
孔(穴のような隙間)があり、
それが歪みで小さく塞がれることもあるとお話しました。
 
 
例をとると
脳神経の通る穴(孔)のなかでも大きい
頚静脈孔があります。

歪みやすい側頭骨と後頭骨の隙間にあります。

daiko-kjyoumyakuko [2].jpg

※図は左の頚静脈孔が見えます
 大後頭孔は首の骨が重なります。

この頸静脈孔からは、
 
主要血管や、舌の動きや知覚の神経
内臓の動きや知覚、分泌に関わる神経も通っていますが

わかりやすい身近な症状でいえば

副神経という、
肩こりに非常に関連の深い筋肉
(胸鎖乳突筋・僧帽筋)
を支配する神経も通っています。

1343195927067772400.jpg

 
頸静脈孔の圧迫が起これば、
これらの筋肉の緊張が生まれ、
結果、首・肩こりに繋がったりします。

他にも孔はあり、通る神経もさまざまなのですが、
とっても長くなりそうなので
ここでは省略しますね!
 
 
シンメトリーでいることが
身体のいろいろな部分の知覚、
動きや精神面にも良いのは確かですね!